ロハスフェスタ 万博記念公園 日程
引用:ロハスフェスタHPより

2019年春も万博記念公園で行われるロハスフェスタ。

GWに注目のロハスフェスタが行われる日程の詳細を調べました。

万博記念公園内で開催されるロハスフェスタの注目イベントも一緒にご紹介します。

スポンサーリンク




開催日程について

「ロハスフェスタ万博記念公園2019春」の開催日程4月26日(金曜日)から5月1日(水曜日)までです。

今回は6日間の開催ということで、開催期間が1stと2ndにわけられています。

1stの開催期間が2019年4月26日から4月28日。

2ndの開催期間が2019年4月29日から5月1日です。

入場可能時間について


入場時間は9時30分から16時30分までです。
入場証を購入できる時間は、終了時間の30分前までとなっているので16時までです。

スポンサーリンク




開催場所と天候について


2019年春のロハスフェスタ万博は、万博記念公園の東の広場にて開催されます。

ロハスフェスタは福岡や広島など各地で開催されます。

大阪でも、8月には南港にあるインテックス大阪でも開催されます。

ロハスフェスタの開催情報を調べるときには、混同してしまわないようにご注意ください。

屋外でのイベントですが、雨天決行の予定となっています。

過去の開催も雨の中開催されていました。が、天候があまり荒れることがあれば、中止となる可能性もあります。

どちらかあやしい天候となった場合には、公式のSNSなどでチェックすることをおすすめします。


公式Twitter https://twitter.com/LOHAS_FESTA


公式Instagram https://www.instagram.com/lohas_festa/

スポンサーリンク




入場料金について


ロハスフェスタを楽しむためには会費と公園への入園料が必要になります。

ロハスフェスタに参加する会費として中学生以上の場合には350円かかります。

小学生以下は無料です。

また、ロハスフェスタの会費とは別途、公園に入る入園料として大人250円、小中学生70円が必要となります。

障がい者手帳をお持ちの方は、ご本人と介助者1名が無料になります。

スポンサーリンク




出展ショップについて


ロハスフェスタでは、場内に移動販売車も含めて、400店舗以上ものお店が並びます。

フードやドリンクの他、ハンドメイドの暖かみがあるこだわりの雑貨やインテリアなどジャンルもさまざまです。

会場も広く、出展店舗数もかなり多いので、事前にサイトや会場図などでお目当てのショップやそのショップの出展場所を確認しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク




ロハスフェスタの楽しみ方

ショッピング


これからの季節に身につけたいかわいいデザインのアクセサリー。

既製品には無い魅力がたっぷりのカワイイ雑貨がたくさん並びます。

ズラーッと並ぶ色とりどりの商品が並ぶショップはウィンドウショッピングだけでも楽しめます。

SNSなどでも、出展者さんが商品画像をアップしていたりするので、チェックしておくのもおすすめです。

お目当てのグッズを見つけたら出展場所を確認して向かうと効率よく目的のものがゲット出来ると思います。

ロハスステージ


出展ブースだけではなく、ステージイベントも開催されます。

ステージではライブやラジオの公開収録、ヨガなどが大空の下なごやかに行われます。

個人的に注目なのはFM OH!のラジオの公開収録です。

毎週金曜日の朝に放送されている「hug+(はぐたす」の公開収録です。

フジテレビ系ドラマ「逃亡弁護士」の主題歌などで知られる京都出身のシンガーソングライター「和紗」さんと関西を中心にライブハウスで活動しているシンガーソングライター「神戸のあらた」さんがライブゲストとして出演します。

DJの大塚由美さんも登場するとのことで、普段聴いているラジオが目の前で!?かなり行きたいです。

この「hug+」の公開録音は2019年4月27日(土曜日)に行われます。

時間はFM Oh!のサイトでは14時からとなっていたのですが、ロハスフェスタのサイトでは13時45分から1時間の予定となっていました。

時間が近くなったら会場内で情報を得るのが確実だと思います。

ロハスフェスタは赤ちゃん、子供とでも安心

ロハスフェスタは自分にも周りにも地球にも優しいイベント。

ということで、親子連れもたくさん訪れます。

小さいお子さん連れでも安心の設備も整っています。

授乳やおむつ交換が出来るスペースも確保されています。

授乳室ではお湯を使うことが出来るのも安心です。

迷子ステッカーで安心

ロハスフェスタでは、迷子が心配なお子さんには迷子ステッカーの配布も行われています。

子連れで人混みに行く際の心配の1つが迷子対策です。

ロハスフェスタで配布される迷子ステッカーは、個人情報にも配慮された作りとなっています。

ステッカー部分と緊急連絡先を書くカード部分にわかれていて、識別番号がつけられています。

ステッカーを貼った子供が迷子になっているのを見つけたスタッフは、識別番号で携帯番号を検索し、連絡してくれるという流れになるそうです。

連絡先を書いたカードはスタッフへわたすか、投函する箱があるそうです。

識別番号によって管理されることで、ステッカー自体に名前や携帯番号を記入する必要がありません。

不特定多数の人に個人情報をさらす必要がなくなるので安心ですよね。

過去のイベントでは、迷子になってしまった子に限って迷子ステッカーを利用していなかったということもあったようです。

ぜひ迷子ステッカーを活用することをおすすめします。

会場では水分補給も安心

ロハスフェスタでは、マイボトルを持参することで無料給茶スポットを利用することができます。

すでに日中は、日差しの強さも気になるようになってきました。

子供達には特にたっぷり水分補給をさせてあげたいですよね。

使い捨てコップを減らそう!という運動に賛同し、マイボトルを持参した方には、無料給茶スポットでほうじ茶を給茶することが出来ます。

ペットボトルなどの使い捨て容器では利用出来ないのでご注意ください。

スポンサーリンク




ロハスフェスタとは?

「オシャレにかわいくエコを実践しよう」とはじまったロハスイベント、「ロハスフェスタ」。

福岡、東京、広島など各地で幅広く開催されているイベントです。

健康や環境に配慮しながら、ハンドメイドのものに囲まれてゆったりとすごす極上の時間。

優しいおだやかな気持ちで楽しむことが出来る空間です。

ロハスとは?

「ロハス」という言葉、最近では日常でけっこう聞きますよね。
結局ロハスってどういう意味なのかはっきりと解らず・・・・

LOHASとは
Lifestyles of Health and Sustainabilityの頭文字をとった略語です。

健康と環境を考えた持続可能な生活スタイルという意味だそうです。

自分のからだや心の健康と地球にとっても優しいエコな生活はつながっているという考え方だそうです。

スポンサーリンク




最後に

GW開催の人気イベントロハスフェスタ。

今回は4月26日から5月1日までの6日間行われます。

限られた日だけ出展のお店もあるので、お目当てのお店がある方は事前にチェックすることをおすすめします。