ロハスフェスタ 大阪 混雑状況

ロハスフェスタは毎回とても人気があるイベントとして定着しています。

2019年春に開催されるロハスフェスタ万博でも、さまざまなイベントや出展が企画されています。

たくさんの人が訪れるロハスフェスタの会場周辺やイベント会場の混雑状況はどのような状態なのでしょうか。

調べてみました。

スポンサーリンク



ロハスフェスタ万博会場図 出展者店舗数は400以上

会場図1st

引用:ロハスフェスタHPより

↑最初の3日間の会場図です。

会場図2nd

引用:ロハスフェスタHPより

↑後半3日間の会場図です。

ロハスフェスタ万博2019springでも、たくさんの店舗が出展します。

400をこえるフードやドリンク、雑貨などの店舗数に圧倒されてしまうほどです。

会場図などを見て、どうまわるかイメージをしておいたり

出展予定のショップについて下調べしておくと、広い会場内でも迷わず買物が出来ると思います。

 

ロハスフェスタ万博、人は多いけど満足度高!


出展店舗数だけでも400を超える規模のロハスフェスタ万博。

人気のイベントで、訪れる人は回を重ねるごとに増えているようです。

たしかに人が多い!のですが、会場となる万博記念公園の広さもあってか、
会場内でも場所によってはゆったり過ごすことができます。


広い公園、大きな空の下、並んでいる時間だって最高に幸せなんです。

人気のショップでの購入には並ぶこともあります。

でも、おいしいフードやドリンク、すてきな雑貨など見ているだけでも楽しくなるイベントです。

インスタ映えも狙えるショップやフォトスポットも多く満足度が高いようです。

スポンサーリンク



じっくり、ゆったり楽しめる


規模が大きい!人が多い!ときくと、どれほどゴチャゴチャしているんだろうと思う方もいると思います。

でも、ロハスフェスタの会場はとても広い万博記念公園。

実際には木陰などを利用してテントやレジャーシートを広げのんびりと過ごしている人もかなり多いです。

時間を長めに予定して、たくさんのお店やステージイベントをシートを広げてゆったり楽しんでみてはいかがでしょうか。

View this post on Instagram

. こんばんは🌝 ここ最近ほとんど更新出来ていませんが、お知らせです❤️ 今年もロハスフェスタ万博に出ます✨😍 今年は4月28日の1日のみの出展になります‼︎ @ankaka.hugme ちゃん @rajico_kd ちゃん 今年も一緒です❤️ 是非遊びに来てください🥰 * * * #ハンドメイド#手作り#ハンドメイド子供服#手作り子供服#キッズファッション#キッズコーデ#キッセレ#5歳#4歳#3歳#2歳#男の子#女の子#リンクコーデ#お揃いコーデ#兄弟お揃い#姉妹お揃い#きょコ#comona#cominaファッション#ファッション#コドモノ#minne#creema#handmade#ロハスフェスタ#ロハスフェスタ万博#ゴールデンウィーク

A post shared by @ anto_handmade on

パパはお昼寝、ママと子供達はお買い物という光景も珍しくありませんよ。

スポンサーリンク



テントやレジャーシートが活躍

https://twitter.com/orange_peko74/status/1061240698286989313
ロハスフェスタでは、人の多さに驚く声も見かけますが、
木陰にはテントやレジャーシートを広げてゆったりと過ごす人もとても多いです。

たくさんの人が訪れるイベントと聞くと、スペース的にそんな余裕は無いように感じますが、
ロハスフェスタ万博ではテントやレジャーシートを広げピクニックのように楽しむことができます。

特にテントはどんな天候でも大活躍

晴れた日には日差しをよけるのに活躍しますし、人の目を気にせずパパのお昼寝も出来ますよね。

ロハスフェスタは雨天でも開催されるイベントなので、
雨が降った場合にはテントが雨よけとしても活躍します。

雨が降っていても、テントの中でぬれる心配なく食事を楽しむことが出来ます。

テントはちょっと荷物がという人は、レジャーシートがあると便利です。

ピクニック気分でゆっくりすわってフードやドリンクを楽しんでみてはいかがでしょうか。

食器類は持参しましょう


ロハスフェスタへ行くときは、マイ食器、マイ箸、マイカップを持って行きましょう。

おいしそうなフードがいろいろ並ぶロハスフェスタですが、他のイベントのように使い捨て食器での食事の提供がありません。食事を提供してもらうには持参の食器が必要です。

マイ食器やマイ箸を持って行きましょう。

忘れてしまった場合には現地でも、有料で購入することは可能です。

ペットボトルドリンク販売無し、マイボトル持参で


地球環境に配慮して、ペットボトルのドリンク販売もありません。

グラスコップや瓶などのドリンクは販売されています。

が、おすすめなのはマイボトルを持って行くことです。

マイボトルにドリンクを入れてもっていくと、飲み終えてしまった後に給茶することが出来るスポットもあります。

 

会場ではマイボトルで無料給茶


ロハスフェスタ万博では、無料で給茶することができる給茶スポットが設置されています。

マイボトルを持参した人は、そこで、ほうじ茶を給茶させてもらうことができます。

空のペットボトルでの利用などは出来ないそうなのでご注意ください。

日中の気温も大分高くなってきたので、マイコップやマイボトルでエコに配慮しながら、しっかり水分補給したいですね。

長い時間楽しむ予定のかたは、多めの水分を持参することをオススメします。

タッパーが活躍?

慣れている方だとマイ食器代わりに、大きめのタッパーなどをもっていっている方も。

タッパーに購入した料理を入れてもらったりしているようです。

たしかにタッパーだと重ねる事が出来るので持ち歩くのも便利ですよね。

1人で複数のフードを購入するときなどは特に活躍しそうです。

確かに、お皿より便利かもしれませんね!

スポンサーリンク



最後に

ロハスフェスタ万博は混雑するイベントではあるものの、テントやレジャーシートを広げて休む事が出来るスペースもあるようです。

フードを楽し見たいという方は、マイ食器やマイ箸もお忘れ無く。

エコな環境で楽しい休日を過ごしてくださいね!