引用元:日田市ホームページ

2月になると、ひなまつりのイベントが増えてきますよね。今回は大分県の天領日田で開催される「天領日田おひなまつり」について、2019年の開催日程交通アクセス方法駐車場情報について調べてみました。

スポンサーリンク




天領日田おひなまつり2019年の開催日程は?

天領日田おひなまつりは大分県では有名なおひな祭りになるんですね。開催期間は毎年1ヶ月以上開催されているので、何度か足を運んでいる方もいるのではないでしょうか。

気になる2019年の開催日程は、2019年2月15日(金)~3月31日(日)までとなっています。バレンタインの翌日からおひなまつりを楽しむことができますね。

開催期間中は絢爛豪華なひな人形や、ひな道具が一斉に展示される他、様々なイベントが予定されています。

日田市のホームページに公開されている情報に、現在開催予定のイベントがいくつか紹介されていました。

  • 2月16日(土)JR日田駅~三隈幼稚園にて「青い目の人形パレード」
  •   

  • 2月17日(日)~3月17日(日)おおくぼ台公園、ふるや台公園にて「日田おおやま梅まつり」
  •   

  • 3月2日(土)~3月23日(土)豆田まちづくり交流館にて「懐かしのきもの展」
  • 3月3日(日)桂林荘公園にて「豆田流しびな」
  • 3月10日(日)日田市陸上競技場にて「天領日田ひなまつり健康マラソン大会」
  • 3月10日(日)三隈川河畔にて「春の新酒蔵だしまつり」
  • 3月24日(日)高塚愛宕地蔵尊にて「高塚愛宕地蔵尊春の大祭」
  •  

これだけのイベントが開催予定との情報がありました。週末は一層おひなまつりを楽しむことができそうですね。

H31hina_panhu05.pdf

スポンサーリンク




交通アクセス
スポンサーリンク




方法

天領日田おひなまつりの開催場所ですが、日田市豆田町や、隈地区他の旧家資料館や施設など、複数の会場があります。

事前にどの会場でどんな展示が行われているのかを調べてから来場をしたほうが良さそうですね。

公共の交通機関を利用する場合は、JR久大本線日田駅」から徒歩15~20分ほど、またはJR久大本線天ヶ瀬駅」から車で10分ほどとなっていて、どちらの駅からも少し距離がありますね。

青い目の人形パレードはJR日田駅~三隈幼稚園で開催されるので、駅からでも楽しめるイベントもありますが、会場へは車で来場した方が便利かもしれません。

H31hina_panhu06会場マップ

スポンサーリンク




駐車場情報

天領日田おひなまつりでは、毎年比較的多くの臨時駐車場が用意されているとのことでした。

日田は公共交通機関を利用するよりも、車を利用した方が便利な場所のようですね。

臨時駐車場は比較的多く用意されていますが、開催期間中の土日、祝日では来場者数も多くなるので、駐車場が満車になるところも多くなると思いますので、注意が必要です。

また、会場周辺では交通規制が行われているので、会場では指示に従って安全に走行したいですね。

交通規制はされますが、通行止めというわけではなく、一方通行になりますが車で通行することができるそうです。場内の規制マップが公開されていたので、参考までに一度目を通しておくと安心ですね。

交通規制マップと一緒に、臨時駐車場やトイレがどこにあるかということもしっかりチェックしておくと、お子さんが急にトイレに行きたくなった時でも対応ができるかと思います。

私の子供もそうですが、子供って突然トイレスイッチが入って慌てることが多いので、車を駐車場に停めることができたら、まずはお子さんのトイレを済ましてからおひなまつりを楽しみたいですね。

H31hina_panhu03交通規制マップ

スポンサーリンク




最後に

天領日田おひなまつりについて紹介しましたが、いかがでしたか?

開催期間中は様々なイベントが開催されるので、何度でも足を運びたくなるイベントでしたね。交通規制もありますので、事前に情報をチェックして出かけられると安心ですね。

最後までお読みくださりありがとうございました。