引用元:Instagram

2016年に開催されてから毎年大人気のイベント「パンフェス」が2019年3月にも横浜で開催されますね。

今回はパンのフェス2019春の開催日程駐車場情報交通アクセス方法について調べてみました。

スポンサーリンク




パンフェスって?

引用元:Instagram

パンフェスとはその名の通り「パンのフェス」で、公式サイトには「パン好きのパン好きによるパン好きのための祭典」と紹介されています。

2016年の春に横浜で開催されて以降、毎年春の人気イベントとなっているようですね。日本最大級のパンのイベントということで、パン好きさんは一度は足を運んでみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

これまでに60万人以上が来場されているということからも、パンフェスの注目度はかなり高めです。

地元神奈川県の人気店はもちろん、遠方の人気店も出店されるということで、今から楽しみにされている方も多そうですね。

スポンサーリンク




パンフェス2019春開催日程は?

引用元:Instagram

すでに公式サイトの方ではパンフェス2019春の開催日程が発表されていました。

2019年の開催日程は、2019年3月1日(金)~3日(日)の3日間。

開催時間は1日、2日は11:00~19:00まで、3日のみ11:00~17:00までと開催時間が異なるので注意してくださいね。

開催時間を見ていると、パン屋さんエリアのみ先行入場と一般入場で入場時間が違っていました。

先行入場:11:00~13:30

一般入場:14:00~17:00

先行入場をする場合は入場料が500円(税込み)発生し、一般入場の時間帯は入場料無料になります。

この先行入場の時間帯で人気のパンは完売してしまうこともあるようなので、お目当てのパンがある方は有料になりますが、先行入場がおすすめです。

スポンサーリンク




交通アクセス方法

パンフェス2019春の開催場所は、横浜の「赤レンガ倉庫」になります。

赤レンガ倉庫と言えば、横浜の人気観光スポットなので、知っている方は多いと思いますが、交通手段はいくつかあります。

車を利用する場合は、首都高を「みなとみらい」または「横浜公園」で下車してください。

公共交通機関を利用する場合は、「桜木町駅」より汽車道経由で徒歩約15分、または「関内駅」より徒歩約15分

みなとみらい線「馬車道駅」または「日本大通り駅」より徒歩約6分、「みなとみらい駅」より徒歩約12分となっています。

その他にもバスやシーバスを利用して赤レンガ倉庫に行くことが可能です。

駐車場情報

赤レンガ倉庫には第1駐車場第2駐車場が用意されています。

収容台数は第1駐車場が96台、第2駐車場が83台駐車可能になっていますが、来場者数を考えても、赤レンガ倉庫の駐車場だけでは足りませんね。

駐車場情報を調べてみると、赤レンガ倉庫の周辺には事前予約が可能なパーキングがいくつかあるので、来場する日程が決まり次第駐車場を予約しておくと、当日の難関駐車場探しがグッと楽なものになるのではないでしょうか。

予約ができなくても、赤レンガ倉庫周辺にはたくさんのパーキングがありましたが、パンフェスの注目度や来場者数を考えると、会場近くの駐車場に車を停めるにはかなり時間に余裕を持って行動したいですね。

パンフェスは3月1日(金)の平日も開催されますが、とても平日とは思えないぐらいの大混雑が予想されていますので、公共交通機関を利用できる場合は公共交通機関を利用したほうが会場にはスムーズに到着できるかもしれませんね。

スポンサーリンク




最後に

パンフェス2019春について紹介しましたが、いかがでしたか?

3月頭からパンの一大イベントが始まるなんて、なんだかウキウキしてしまいますね。

注目度の高いイベントなだけに、大混雑が予想されますが、この機会に気になっている人気パン屋さんのパンを楽しんでみるのはどうでしょうか。

お気に入りのパンに出会えるといいですね。最後までお読み頂き、ありがとうございました。