引用:メッツァ公式サイト

来春にオープン予定のムーミンのテーマパーク「ムーミンバレーパーク」。車での来園も安心の大型駐車場があるのですが、こちらの駐車場はなんど事前予約ができるんです。予約しておけると満車の心配もなく安心ですよね。ムーミンテーマパークがオープンするメッツァの駐車場について予約方法や利用料など詳しく調べてみました。

スポンサーリンク




事前予約も予約無しもOK


2019年3月16日土曜日にムーミンのテーマパーク「ムーミンバレーパーク」がオープンする「メッツァ」。メッツァには安心の2種類の駐車場サービスがあります。「事前予約」と予約無しで利用できる「時間貸し」という利用方法です。詳しくご紹介します。

スポンサーリンク




事前予約(予約あり)

まず駐車場の事前予約について説明したいと思います。事前予約は、確実に行くことが決まっているとき、長めの時間、駐車料金を気にせずに楽しみたい時などに便利なサービスです。事前予約はウェブ上で会員登録をすることで使えるようになる予約システムです。年会費や予約手数料などはかからず、無料で登録することが出来ます。(駐車場利用料は別途かかります。)


スマートフォンやパソコンから登録するのですが、メールアドレスやLINE、SMSなどの3種類のアカウントからいずれかを選んで認証を行うことで、登録することができます。この登録した情報を使ってインターネットから予約することが可能になります。予約受付はインターネット上のみで、電話やメールでの予約受付はありません。まず、予約ページにログインしたら、予約ページにあるカレンダーで利用日を選びます。選んだ日付をクリックすると、決済方法や車いすの利用の有無などを確認され、必要事項を記入して送信することで予約することができます。


広い駐車場があるとはいえ、駐車台数には限りがあるので、駐車スペースの空き状況に余裕があるかどうか気になる場合にも○(空車)△(混雑)×(満車)のマークを使い、わかりやすく確認できるようになっています。


予約が完了するとQRチケットが発行されます。この予約完了証明でもあるQRチケットの利用は、携帯電話上に保存しておき、当日スマートフォンの画面を見せることで利用できます。スマートフォンを提示することが難しい人は、事前に印刷しておいたものを見せることでも利用できます。事前予約では、2ヶ月先の月末までの予約をとることができ、1つのアカウントで予約しておける日数は5日間となっています。

時間貸し(予約無し)

登録や予約といったことはせずに気が向いたときに行きたい、それほど長い時間いる予定ではないという方におすすめなのは時間貸しです。こちらは予約をせずに利用できる駐車サービスなので、ウェブでの会員登録や、インターネット上での予約操作などの手続きは何も必要ありません。利用したい当日に、直接駐車場へ行くことで駐車することができます。


ただし、事前予約されている台数を含めた台数で駐車場のスペースに空きがある場合のみ利用可能となります。もし、予約などで満車の場合には駐車することができないということになります。事前予約と時間貸しでは利用料金なども違いますので、次に違いについても見ていきたいと思います。

スポンサーリンク




事前予約と時間貸しの違い

料金

事前予約と時間貸しでは料金や支払いのタイミングが違います。事前予約の場合には、駐車場の営業時間である午前9時30分から午後9時30分の間なら一定料金で駐車場を利用することができます。平日は税込1500円、土日祝は税込2500円です。ただし、何度も車の出し入れが自由なわけではなく、一度退場してしまうと再入場する場合には別途当日予約が必要なようです。


予約の必要が無い時間貸しで駐車場を利用する場合には、平日は10分100円、土日祝は30分500円の利用料がかかります。最大料金の設定もあり、平日は1800円、土日祝は3000円となっています。


ということは、2時間30分以上駐車場を利用する場合には、事前予約のほうがお得に利用できるということになります。


また、当日WEB予約に空きがある場合のみ、当日の利用直前でもWEB予約することが可能です。この場合には、予約時刻によって利用料金が変わります。平日の場合は、当日の12時59分までに予約した場合には前日までの予約と同じ1500円、13時から16時59分までに予約した場合には 1000円、5時以降に予約し他場合には500円となります。


土日祝日には当日12時59分までに予約した場合には2500円、13時から16時59分までに予約した場合には1500円、17時以降に予約した場合には500円となるそうです。午後ゆっくり行く予定の場合には、当日予約もお得ですが、あくまでも当日でも駐車場に空きがあった場合のみなので、注意が必要です。人気がある日にちは大分前から満車になってしまうこともあります。また、今後、イベント開催時や日々の混雑状況によっては価格の変動があり得るようです。

支払い方法

支払い方法も事前予約と時間貸しでは違います。事前予約の場合の料金の支払いは、予約時に設定したコンビニ決済かクレジットカード決済かいずれかの支払い方法で駐車場を利用するよりも前の段階で事前精算することになります。


時間貸しの場合には、利用料金に応じて現地での精算をすることになります。事前予約の場合の支払い方法はクレジットカードかコンビニ決済かを選ぶことができますが、クレジットカードでの支払いの場合には、利用日1日前までの予約キャンセル分に関しては全額返金されます。しかし、コンビニ決済の場合には一度支払い済みの料金が返金されることはありません。

キャンセルについて

時間貸しは、もちろん予約自体が必要無いので、キャンセルなどの心配はいりません。事前予約の場合には、選択した支払い方法によって、キャンセルの可否がかわってきます。


基本的にキャンセル料などはありませんが、利用料が前払いとなるので、クレジットカード決済での当日キャンセルやコンビニ決済での支払後のキャンセルは利用料が返金されなくなってしまいます。つまり、コンビニでの決済を選択して予約した場合、一度コンビニで料金を支払ってしまった後はキャンセルすることはできません。また、コンビニでの決済の場合、支払い期限がすぎてしまうと自動的にキャンセルされます。クレジットカードでの決済を選択した場合には、利用日の前日までキャンセルすることが可能で、その期間なら料金も返金されます。

スポンサーリンク




駐車場の高さ制限について


立体駐車場と平面駐車場があるのですが、それぞれの車の制限については、立体駐車場が高さ2.1m、幅2.2m、長さ6mまで、平面駐車場が高さ2.4m、幅2.2m、長さ6mまでだそうです。

スポンサーリンク




自動二輪車(オートバイ)や自転車の場合


自動二輪車の駐車スペースも確保されています。こちらの駐車スペースでは予約システムはありません。30台ほどの駐車スペースがありますが、当日、直接現地へ行くことで利用でき、機械操作で駐車料金を支払います。利用料金は平日は500円、休日は1000円です。自転車の駐輪場は95台分あるそうですが、こちらは無料で利用することができます。

スポンサーリンク




最後に

テーマパークへ車で行くときの悩みが駐車場問題ですが、事前予約が出来るというのはかなり安心ですね。あまり先の予定をたててしまうと、子供の体調などが心配という方も、キャンセル料もクレジットカード決済なら前日までかからないので、安心して利用できそうですね。