2019年にオープンするムーミンバレーパーク。オープンする場所は埼玉県に今年オープンしたメッツァ内です。ムーミンバレーパークの入園料金やアトラクション料金についても発表されました。来年オープン予定のムーミンのテーマパーク「ムーミンバレーパーク」の場所や料金について、詳細を調べてみたのでご紹介します。

スポンサーリンク




ムーミンパーク場所は埼玉県飯能市宮沢湖畔「メッツァ」

https://twitter.com/shimayuka2/status/1075729366854717440
2019年3月16日土曜日にムーミンのテーマパーク「ムーミンバレーパーク」がオープンします。場所は埼玉県飯能市宮沢湖畔です。この場所には、2018年11月9日金曜日にムーミンの世界を体験出来る施設として「メッツァ(metsä)」がすでにオープンしていて、北欧のライフスタイルを体験し感じられる場所「メッツァ ビレッジ」が開業されています。この施設に隣接する形で「ムーミンバレーパーク」がオープンします。


メッツァとはフィンランド語で「森」を意味していて、ムーミンの自然溢れるイメージを壊さない緑の空間の中でムーミンのファンタジー世界に触れることが出来るように作られています。

スポンサーリンク




料金も決定 予約は1月から


ムーミンバレーパークへの入園には入園料がかかります。その入園料金が決定し、発表されました。入園料金は、おとな(中学生以上)が税込み1,500円こども(4歳以上小学生以下)が税込み 1,000円です3歳以下のお子さんは無料になります。


また、入園料金とは別でお金がかかるのですが、有料のアトラクションが開設される予定だと発表されています。現在、発表されているアトラクションは、「飛行おにのジップラインアドベンチャー」税込1,500円。「海のオーケストラ号」税込1,000円。「ムーミン屋敷 ガイドツアー」税込1,000円です。


ムーミン屋敷や、ムーミンの物語で登場する冒険を追体験して楽しめるようなアトラクションとなるそうです。アトラクション料金については、おとなとこどもは共に上記の一律料金で、3歳以下の場合には無料となるそうです。
時間予約制で予約しておくことも可能となる予定で、詳細については2019年1月中旬以降にまた情報が発信される予定のようです。


「飛行おにのジップラインアドベンチャー」に、ついては、すでに身長120㎝以上190㎝未満、体重30㎏以上100㎏未満で、乗車時にはハーネスの装着できる方に限るという体格の制限についても発表されています。

スポンサーリンク




チケット購入方法


2019年3月16日のオープン以降にはムーミンバレーパーク現地で、当日券の販売なども行われますが、絶対に行くから先に予約で購入しておきたい!という方は、前売り券の販売も予定されています。2019年1月中旬から「メッツァ」公式のWEBサイトにて前売りの販売を開始するそうです。

スポンサーリンク




アクセス方法

電車で行く場合

電車でメッツァまで行く場合には西武池袋線「飯能駅」で下車するか、JR八高線「東飯能駅」で下車します。


まず、西武池袋線「飯能駅」で下車した場合には、飯能駅北口の1番乗り場からバスにのります。国際興業や西武バスの「メッツァ」行き直行バスやイーグルバスの「メッツァ経由武蔵高萩駅」行きの路線バスを利用するとメッツァ停留所まで13分ほどで行くことが出来ます。メッツァ停留所は旧宮沢湖停留所のことです。


JR八高線「東飯能駅」で下車した場合には、東飯能駅東口の2番乗り場からバスにのります。国際興業や西武バスが運行する「メッツァ」行き直行バスにのりメッツァ停留所を目指しましょう。東飯能駅からメッツァまでは約12分です。ただし、こちらはバスの平日運行はありません。東飯能駅からメッツァへの運行は土日祝日のみとなるのでご注意ください。

車で行く場合

狭山日高インターチェンジから県道262号線経由5.4km、青梅インターチェンジから県道218号線経由約11km 、飯能駅北口から宮沢湖入り口まで約3kmの場所となります。駐車場も併設されており、事前予約することもできます。満車でなければ、当日直接現地へ予約無しで行って利用することもできます。

自動二輪車・自転車の場合

それぞれ駐輪スペースが確保されています。どちらも予約無しで利用することができます。自転車の駐輪場に関しては、無料で利用することができます。

スポンサーリンク




埼玉でムーミンといえば「あけぼの子どもの森公園」


埼玉県飯能市でムーミンのテーマパークということなので、「あけぼの子どもの森公園」と同じ場所に出来ると思う方もいらっしゃるかもしれません。

実は私がそうです。

が、同じ飯能市内に今回オープンする「ムーミンバレーパーク」と「あけぼの子どもの森公園」とは別の施設となります。


「あけぼの子どもの森公園」はムーミンの世界をモチーフにした公園で、埼玉の「ムーミン谷」と呼ばれている以前から人気のスポットです。

園内には楽しく遊べるムーミン屋敷やムーミン資料館などがあり、こちらは無料で楽しめる施設です。

ただ、ムーミンの世界観をモチーフとして作られた公園なので、ムーミンの物語を再現したテーマパークとは全く違うものです。


同じ埼玉県飯能市なので、実際近いです。距離としては5.6kmくらいなので車なら約15分ほどで着く距離です。せっかくムーミンバレーパークに行くのだから、あけぼの子どもの森公園を見ていきたいという方はチェックしてみてください。

ただ、バスのアクセスはかなり悪いようなので、事前に調べてから予定を決めた方が良いと思います。


とはいえ、ムーミンバレーパークがオープンすれば、あけぼの子どもの森公園に行く方も増加すること間違い無しなので、その前の今の時期に行っておくというのも良いかもしれません。

スポンサーリンク




最後に

来年3月のオープンを前に、ぞくぞく新しい情報が発信されているムーミンバレーパーク。自然を感じることが出来るテーマパークということで、癒やされそうですね。

お値段や予約方法などもわかってきたので、行こうと思っている方も予定が立てやすくなってくるのではないでしょうか。これからもどんどん詳しい情報が出てくると思うので注目して楽しみにまちたいと思います。