広大な敷地面積を持つ小幡緑地公園ですが、紅葉の穴場スポットということはご存知でしたか?

今回は小幡緑地公園の紅葉情報や見頃はいつになるのか、交通アクセスや駐車場情報やライトアップの有無についても調べてみたので紹介します。

スポンサーリンク




自分だけのお気に入りスポットが探せる!

小幡緑地公園には本園、西園、東園、中央園4つの園で構成されている緑地公園で、お子さんがたっぷり遊ぶことのできる複合遊具や、トレーニング施設があります。四季を楽しめるように様々な植物も見ることができるんですよ。

紅葉の季節には、生きた化石ともいわれている「メタセコイア」の並木も見ることが可能です。

また、4つの園から構成されている広い公園なので、それぞれお気に入りの穴場紅葉スポットの散策もできるので、家族や友達、恋人など自分たちだけの紅葉スポットを見つける楽しさがあります。

お子さんを連れて家族で紅葉を楽しむ場合は、遊具の多い本園と西園の散策がおすすめですよ。

カップルで小幡緑地公園の紅葉散策をする場合は、展望台のある東園や、本園にある森林浴の道や池の周辺をのんびり散歩するのも良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク




2018年の見頃はいつ?

小幡緑地公園の紅葉ですが、昨年の見頃をSNSで確認してみたところ、紅葉に関しての投稿は11月中旬~12月上旬にかけて多く見られました。

2018年の紅葉の見頃も昨年と同じく、11月中旬~12月上旬頃になるのではないかと思われます。

小幡緑地公園では紅葉のライトアップは行われていないので、遅い時間に行ってもあまり紅葉を楽しむことはできませんので注意が必要です。

小幡緑地公園の本園にある緑ヶ池竜巻池周辺では、水面に反射する紅葉を楽しむことができるのではないでしょうか。夕暮れ時に見る紅葉はさらに幻想的で綺麗でしょうね。

引用元:公式サイトより「竜巻池」

小幡緑地公園への交通アクセス

小幡緑地公園への交通アクセスですが、目的の園によって最寄り駅やバス停が異なります

  • 名鉄瀬戸線小幡駅」より徒歩15分ほどで西園へ

  • 名鉄瀬戸線印場駅」より徒歩15分ほどで東園へ

  • ゆとりーとライン小幡緑地」徒歩3分ほどで本園へ

市バス

  • 西園:「小幡ヶ原」下車すぐ
  • 本園:「緑ヶ丘住宅」下車徒歩5分
  • 東園:「旭桜ヶ丘」下車徒歩3分

車の場合は、名古屋第二環状道小幡ICから国道302号を経由して5分ほどで西園と本園へ、名古屋第二環状道大森ICから県道61号を経由して15分ほどで東園に到着します。

入園料は無料なので、お子さんとピクニック感覚で遊びに行きたいですね。

各園に多目的トイレが設置されていたり、小幡緑地公園のホームページにはバリアフリー情報も記載されていたので、体の不自由な方でも利用がしやすいように配慮されているので安心してください。

お子さんが小さくて、ベビーカーを使用するか悩んでいる方は、一度小幡緑地公園のホームページを確認してみるといいですよ。

スポンサーリンク




駐車場情報

小幡緑地公園内には、各園に駐車場があり、本園と東園には大型車も駐車することができます。駐車料金については何も情報がなかったので、無料で駐車することができますよ。

駐車場の普通車の収容台数は各園で下記のようになっています

  • 西園:188台
  • 本園:311台
  • 東園:146台
引用元:公式サイトより

駐車場の利用時間は西園のみ8:30~19:30までとなっていて、本園と東園の駐車場の利用時間は8:30~19:00までとなっています。また、本園と東園は10月~3月まで駐車場の利用時間が8:30~17:30までとなっているため、利用時間には注意してください。

利用時間外は施錠されてしまうので、うっかり帰れなくなってしまわないようにしましょうね。

最後に

小幡緑地公園の紅葉情報を紹介しましたが、いかがでしたか?

家族や友達、恋人など一緒に行く人によってお気に入りの場所を探してみるのも楽しそうですよね。自分だけのとっておきの場所をぜひ見つけてみてください。

バリアフリーにも配慮されているので、車椅子やベビーカーでも安心して利用することができそうです。

最後までお読みくださりありがとうございました。