誰にとっても、一生に一度の成人式。可愛い孫や交流のある姪甥が成人式を迎える場合、お祝いを贈りたいと思う方も多いのではないでしょうか?

今回は孫や姪甥の成人式のお祝い金の相場を調べてみました。

スポンサーリンク




孫へお祝いを贈る場合

自分の子供も可愛いけど、孫となるといくつになっても可愛いものですよね。孫が成人式を迎えるという日に、お祝い金を贈るという方も多いかと思います。

孫へお祝い金を贈る場合の相場を調べてみたところ、1万円~10万円とかなり幅があることがわかりました。

成人式では男性はスーツ姿も多いけど、紋付袴を着させたいと思う方もいます。女性はほとんどが振袖姿ということで、お孫さんが女性の場合は振り袖を用意するために多めにお祝い金を贈るという方もいました。

金額が1万円の方は、お祝い金とは別に礼服や記念に残りそうなものを一緒にプレゼントとして贈るという方も多く見られますよ。

スポンサーリンク




姪や甥へお祝いを贈る場合

では、今度は交流のある姪や甥に成人式のお祝いを贈る場合、お祝い金の相場はいくらぐらいなのでしょうか?

お祝い金の相場を調べてみると、こちらは1万円~3万円と意見がまとまっていました。お互いに子供がいる場合、金額にばらつきが出ないようにあらかじめ親同士で話をしていることも多いですね。

お互いに同じ年に成人式を迎える子供がいる場合は、お祝い金を贈らないようにするという意見もありました。

姪や甥に成人式のお祝い金を贈る場合は、事前に親同士で話をしておくと安心ですね。

スポンサーリンク




男女で成人式にかかる費用も違う

成人式でお祝いを贈る場合、男性か女性かで金額が多少変わるということもありますね。

特に成人式を迎える孫が女の子の場合、振り袖の用意や写真館で前撮りをする方が大半です。そのため、女の子の成人式にかかる費用は30万円~50万円が大体の相場になります。成人式当日や前撮りをする日のヘアメイクにもお金はかかりますしね。

中には10万円前後と安く抑えられた方もいますが、成人式にかかる費用ってとても高額ですよね。

男性の場合でも、スーツを新調したり、紋付袴を着る場合はもう少し費用がかかると思いますが、男性で成人式の費用が30万円を超えるということはよっぽどないのではないでしょうか。

なので、女の子の孫に成人式のお祝いを贈る場合、少しでも費用の足しになるようにと金額を多めに贈るという方も多く見られますよ。

スポンサーリンク




おまけ:両親からお祝いを贈る場合

最後に、両親から子供にお祝いを贈る場合の相場を紹介します。

両親から子供へお祝いを贈る場合、1万円~5万円がお祝い金の大体の相場だと言われています。お祝い金とは別に長く使える高級腕時計や、フォーマルな場で活躍する真珠のアクセサリーを一緒に贈るという方も多く見られますよ。

お祝い金の相場としては、両親よりも祖父母の方がお祝い金は多めということになりますね。

お祝い金とは別に、両親には成人式の費用の負担もあるので多くてもお祝いは5万円ぐらいになると思います。

私の場合ですが、両家の祖父母からはお祝い金のみ10万円、親戚からは1万円、お祝いとして贈られたものは現金のみ、両親からはお祝いとして腕時計を贈られました。

スポンサーリンク




最後に

成人式のお祝いとして、孫や甥姪に贈るお祝い金の相場を紹介しましたが、いかがでしたか?

金額よりも、成人式を迎える子を祝ってあげたいという気持ちのほうが大事だと思うので、金額はそこまで気にしなくても大丈夫だと思いますよ。

心配な場合は成人式を迎える子の両親と事前に話し合いをしておくことで、スムーズにお祝いを贈ることができるのではないでしょうか。

一生に一度のお孫さんや、姪甥の成人式が素敵な日になりますように。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。