赤ちゃんがいると毎日消費するおしりふき。毎日使うものなので、コスパの良さはおしりふきを購入するときの重要なポイントになりますよね。

今回は、おすすめのおしりふきについて調べてみましたので、コスパの良さも含めて紹介します。

スポンサーリンク



おしりふき選びで重視するポイントは?

赤ちゃんがいると、おしりふきは毎日使うものなので、できればコスパの良いものを使いたいですよね。

しかし、おしりふきを選ぶときに何を重視するかによって、購入するおしりふきも変わってくるので、まずはおしりふきを選ぶときに重視するポイントを考えてみましょう。

  • コスパの良さ
  • おしりふきの厚さ
  • おしりふきのウエット感
  • 赤ちゃんの肌に合っているか

コスパは良いに越したことはありませんが、おしりふきの厚さによって使いやすさも変わりますし、ウエット感で汚れの落ちやすさも変わってきます。何よりも赤ちゃんの肌に合っているのかはいちばん重要なポイントですが、こればっかりは使ってみないとわかりませんよね。

私の息子は、冬におしりふきを使うとおしりがひんやりと冷たくなるのが嫌で、おしりを拭こうとすると逃げ回るということがありました。おしりふきウォーマーというものもあるので、そういった便利グッズをもっと活用するべきだったと今になって後悔しています。

なので、寒い時期はウエット感がありすぎるものを使うとお子さんが嫌がる場合もあるので注意してくださいね。

スポンサーリンク



トイレに流せないタイプおすすめ

赤ちゃんが産まれてしばらくは、おしりふきとおむつを一緒に捨てることが多いと思いますので、まずはトイレに流せないタイプのおしりふきからおすすめ商品を紹介します。

    • グーン 肌に優しいおしりふきこちらは肌に優しく、お子さんの手やお口周りを拭くウエットティッシュ感覚で使われている方も多く見られました。商品レビューを見てみると、コスパの良さや、水分量の多さに満足の声が多く上がっていますね。他社の製品よりも水分が多いと感じている方が多く、リピートされている理由は「コスパの良さ」、「水分量」、「肌に優しい」という意見がほとんどでした。また、内容量は多いけど、もう少し厚手のものが良いという意見もあったので、薄手タイプが苦手な方は使いづらく感じているようでした。

      おしりふきケースは可愛らしいペンギンのデザインとなっています。

    • ムーニー おしりふきやわらか素材コスパも良く、使いやすいという声の多いこちらの商品は私も使用しています。大手メーカーで信頼も厚く、どこの薬局に行っても置いてあることが多いので購入のしやすさもおすすめポイントの1つになります。私の個人的な感想になりますが、残り5枚のところでラインが入っていて、次のおしりふきの準備をしやすいのも嬉しかったです。薄手ですが、柔らかいので赤ちゃんのお尻をふきやすいと感じました。おしりふきケースがプーさんで可愛いので、ディズニーが好きなママにもおすすめできますよ。

スポンサーリンク



トイレに流せるタイプ

トイレトレーニングが進んでくると、トイレに流せるタイプのおしりふきが重宝します。今度はトイレに流せるタイプのおしりふきのおすすめ商品を紹介します。

    • ムーニー トイレに流せるおしりふきムーニーのおしりふきは、トイレに流せるタイプでも定番で人気がありますね。私も現在トイレトレーニング中の息子にはこのおしりふきを使用しています。流せるタイプのおしりふきは、流せないタイプに比べ破れやすく感るものが多かったのですが、このムーニーのおしりふきは破れにくく使い勝手が良く感じました。商品レビューを見ても「破れにくい」という意見が多く、リピート購入されている方も多く見られましたよ。肌触りは流せないタイプと比べると固めになります。
  • レック 水99.9%流せるおしりふきこちらは使われている成分がほとんど水ということで、肌への優しさを重視している方が多く購入されているおしりふきです。先ほど紹介したムーニーの流せるタイプのおしりふきよりも柔らかいというレビューもありましたので、成分や肌さわりを重視される方にはおすすめのおしりふきになります。少しおしりふきのサイズが小さく感じている方も見られましたので、大判サイズが好きな方には合わないかもしれません。

スポンサーリンク



最後に

おすすめのおしりふきを紹介しましたが、いかがでしたか?

実際に使ってみないとわからないことも多いかと思いますが、おしりふきを選ぶ参考になれば嬉しいです。お子さんの肌に合ったおしりふきが見つかるといいですね。

最後までお読みくださりありがとうございました。