2018年8月4日に放送される「満天青空レストラン」では、にらと行者にんにくの特徴を併せ持ったスタミナ野菜「行者菜」が紹介されます。

今回は行者菜を使ったレシピや通販でお取り寄せすることが可能なのかを調べてみました。

スポンサーリンク



スタミナ野菜行者菜ってどんな野菜?


引用:Instagramより

行者菜は山形県長井市が特産品として生産されています。見た目はにら行者にんにくと似ていますが、行者菜に含まれる栄養素はにらよりも多いんだとか。

見た目がにらと行者にんにくに似ているのは、行者菜はにらと行者にんにくを掛け合わせて作られた品種だからなんです。収穫までに5年の年月を費やし、収穫期間は2周間程という行者にんにくを手軽に求められるように、収穫期間の長いにらと交配して生まれたのが「行者菜」なんですね。

行者菜に含まれる栄養分も豊富で、ビタミンA、ビタミンB1、葉酸はにらよりも多く含まれています。特に葉酸は妊娠前から摂取しておきたい栄養素なので、妊活を考えている方にもおすすめできますね。

ビタミンAの過剰摂取は妊婦さんはもちろん、健康な方にもあまり良しとされていないので、同じくビタミンAが豊富なレバーを使ったレバニラを食べるときは食べ過ぎに注意してください。

行者菜には疲労回復不眠症の改善高血圧糖尿病動脈硬化の予防にも活躍してくれる万能野菜なので、夏バテ気味の方や血圧の高い方などにも積極的に摂取するといいおすすめの食材になります。

スポンサーリンク



行者菜を使ったレシピを紹介!

山形県長井市の行者菜生産グループのホームページには、行者菜を使ったレシピも紹介されていました。行者菜の卵炒めや、行者菜肉味噌などメニューも豊富だったので、材料や作り方はこちらを参考にしてみてください。

また、Instagramを見てみると、普段にらを使って調理をしているメニューに行者菜をにらと置き換えて料理をしている方が多かったです。

よく見かけるメニューは

    • 麻婆豆腐
    • 餃子

    • チヂミ

また、ラーメンのトッピングに行者菜を使っている方もいました。普段の料理に簡単にプラスすることができるので、栄養面だけではなく調理の幅も広い万能野菜ですね。

もやしと一緒にナムルにすると、仕事帰りでお疲れのご主人にもお酒のツマミとして一品出すことができますね。行者菜には疲労回復効果もあるので、仕事後に食べて次の日も頑張れるようにスタミナを付けてもらいましょう。

夏バテで食欲が落ちているときには、かきたま汁や汁物などに刻んだ行者菜をプラスするだけで栄養を摂取することもできるのでおすすめですよ。キムチチャーハンにも相性が良さそうです。色んな料理に行者菜をプラスしてみて、お好みの行者菜レシピが見つかるといいですね。

スポンサーリンク



行者菜は通販でお取り寄せ可能?

行者菜は通販で購入することが可能なのか調べてみました。

山形県長井市の行者菜生産グループのホームページには、ご購入窓口のリンクがあり、5月初旬から9月末頃まで行者菜を購入することが可能です。加工品は年中販売されているということなので、いろんな商品を試してみるのもいいですね。

また、Amazon楽天で検索をしても行者菜を取り扱っていたので、こちらでも購入することが可能です。この記事を作成している2018年7月現在は販売期間のため、購入することができますが、9月末以降はどちらのサイトでも取り扱いがなくなると思いますので注意してくださいね。

最後に

行者菜について紹介しましたが、いかがでしたか?

にらと行者菜の特徴を併せ持っていて、夏バテしている身体にスタミナを付けるにはぴったりな野菜でしたね。

8月4日放送の「満天青空レストラン」では行者菜を使ったどんな料理が紹介されるのか、今から楽しみですね。

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク