引用元:Instagram

2018年10月6日に放送される「人生の楽園」では、石川県宝達志水町にある里山カフェ「そらいろのたね」が紹介されます。

今回は里山カフェ「そらいろのたね」アクセス方法や営業時間について、について紹介します。

スポンサーリンク




地域猫にも愛される古民家カフェ

引用元:Instagram

里山カフェ「そらいろのたね」は能登半島最高峰と言われている宝達山のふもと宝達志水町2017年2月オープンした古民家カフェになります。

周辺は緑に囲まれた自然あふれる集落で、のんびりゆったりとした時間を楽しむことができますよ。

カフェのオーナーは青江静男さんと左知子さんご夫婦で、カフェを始める前の静男さんは愛知県名古屋市で会社員をされていました。

人気メニューは天然酵母パンや、地元野菜を使ったデザートで、近所の方が買い占めてしまうこともあるんだそうです。都会の味が珍しいとのことですが、買い占めてしまいたくなるほど美味しいのでしょうね。

カフェに訪れるのは人だけではなく、周辺の地域猫たちもカフェに遊びにやってきます。多いときには10匹以上集まってくることもあり、猫たちにも人気のスポットとなっているんです。

また、カフェの建物は築50年の古民家を購入し、リフォームをされた古民家カフェになっていて、入り口は普通の玄関で入っていいのか悩んでしまう方もいるようですよ。

スポンサーリンク




地域猫のTNR活動にも積極的に

引用元:Instagram

カフェを始めた当時、地域の方から「野良猫へえさをやってはいけない。」と言われていた青江さん夫婦でしたが、お腹を空かせてガリガリになっている猫や、妊娠中の猫などを見てほっておくことはできず、NPO法人「猫の避妊と去勢の会」に相談をし、協力を求めました。

成猫には避妊去勢手術生まれた子猫の里親探し、里親から脱走してしまった子や、外猫との相性が悪い子は青江さん夫婦の元で暮らしている子もいます

青江さんたちもカフェをオープンしたばかりで忙しい時だったのにも関わらず、地域猫のために何か出来ることはないかと行動ができるって、とても素敵なことですよね。

青江さん夫婦が地域猫のために行動したことで、集落の方たちからは「野良猫が民家へ入っていたずらをしなくなった。」「ふっくらとして可愛くなった。」など、感謝されたようです。

青江さん夫婦の人柄の良さから、地域の方や地域猫からも愛されるカフェへとなっていったのでしょうね。

現在家猫として青江さん夫婦に保護されているのは4匹で、寄り添って寝ている姿にとても癒やされました。

定期的にチャリティーコンサートも行われているようです。

スポンサーリンク




里山カフェ「そらいろのたね」の営業時間とアクセス方法

引用元:Instagram

里山カフェ「そらいろのたね」の営業日は木曜日~土曜日となっていましたが、2018年8月25日より営業日時が変更されていました。

営業日時

  • 土曜日11:30~16:30
  • 日曜日11:30~16:30
  • 月曜日13:00~18:00

営業時間は日によって異なるので注意してください。メニューも日替わりなので、行く前に確認しておくといいですね。

  • 住所:〒929-1301 石川県宝達志水町宝達ロ113
  • 電話番号:0767-35-0304






金沢市街地から車で1時間ほど離れた所にあります。最寄り駅は「宝達駅」になると思いますが、こちらの駅からだと車で10分程で到着します。

車で行く場合は、のと里山海道 米出インターより車で13分です。

場所がわからなくて帰ってしまった方もいるということで、集落の外側と入り口に案内看板が設置されました。迷子になってしまう方もいるようなので、初めて訪れるときは少しわかりにくい場所にそらいろのたねはあるのかもしれませんね。

目印は案内看板トトロです。







最後に

石川県宝達志水町にある、里山カフェそらいろのたね」について紹介しましたが、いかがでしたか?

ネコ好きな方は行ってみたいカフェの1つにリストアップされたのではないでしょうか。私も猫が好きなので、地域猫に癒やされに足を運んでみたくなりました。10月6日放送の「人生の楽園」では、里山カフェ「そらいろのたね」がどのように紹介されるのか楽しみですね。

最後までお読みくださりありがとうございました。