キンプリリーダー岸優太さんのおバカエピソードが楽しすぎる!デビュー後もテレビ出演で続々おバカ発言を生み出している岸優太さん。

そんなおバカ楽しいエピソードをご紹介します。

スポンサーリンク



岸優太さんのおバカエピソード

おバカすぎて愛されキャラの岸優太さんのおもしろエピソードを調べてみました。ご紹介します。

出川哲朗さんにも「僕に輪をかけたおバカ」といわれてしまったキンプリの最年長メンバーであり、リーダーの岸優太さん。

先輩後輩みんなから愛される、そんな天然おバカエピソードについて調べてみました。

ananでかき揚げそば愛


ananにキンプリメンバーみんなで登場した時のこと、「恋のこと」「僕のこと」というテーマでのインタビューを受けたのですが、他のメンバーが恋愛についてをメインに語っている中、なぜか岸さんは、かき揚げそば愛について熱く語る事態に。

そのときにはまっていたそうなのですが、結果インタビューの半分以上がかき揚げそばの内容になってしまいました。

ananなので、恋愛トークを求められていた気がしますが、岸さんのそんなところも愛されているのでしょうね。

宝物は綿棒ケースの中に


3月11日に放送されたフジテレビ系『痛快TV スカッとジャパン』に出演した岸優太さん。

そこで飛び出した宝物についての発言。

Sexy Zoneの佐藤勝利さんや菊池風磨さんからもらった高価なアクセサリーを綿棒のケースに保管しているのだとか!

一番大切な宝物の写真として紹介されたはずが、その宝物が入っている、よくみる円筒形の半透明ケースに注目があつまり、総ツッコミを受けました。

ツッコミを受けた岸さんの返しも「シースルーなんで」という言葉選び。

ますますスタジオが笑いで包まれました。

確かに中がよく見えますけど・・・宝物感薄れませんか?中身がよく見えるケースはいろいろ売っていますよ。

アイドルなのに、そんな庶民的なところも愛されポイントなのかもしれませんね。

おーいストロングビーチ


こちらも3月11日に放送されたスカッとジャパンで放送されたエピソード。

大磯ロングビーチのことをおーいストロングビーチだと思って勘違いしていたということを真顔で話して笑いを誘いました。

この日の放送後、綿棒ケースとおーいストロングビーチがツイッターでトレンド入りするほどの反響がありました。

スポンサーリンク



謎が解けない、解説がわからない

スカッとジャパンでの謎解きのコーナーでは、解答者の中で岸さんだけがなかなか正解出来ないという姿も。

“うちむら”という解答になるはずが、岸さんから飛び出したのは『まつまる』という単語で、結局は時間切れとなってしまいました。

そのうえ、問題を解くための法則を解説されても、岸さんはなかなか理解できなかったようで、となりに座っていた千鳥のノブさんに再び丁寧に説明されました。

ヌーディストノック

3月18日に放送されたテレビ朝日系「激レアさんを連れて来た。」に出演した際、番組には美術の教師なのに甲子園に10回も出場したというゲストの方が出演。

その方が、全裸でノックの練習をするヌーディストノックという練習方法をされていたそうなのですが、野球の経験がある岸さんはまさかの自分も「やったことがある」と発言。

友達と遊んだ際に、男友達のノリでやったのだそうですが、なかなかやれませんよね。そんなところもさすが岸さん?

ねらうはオカルトキャラ?


オカルトキャラ?をねらう?ジャニーズアイドルなのに、そこねらいますか。ていうか、オカルトキャラって?

愛されるおバカまとめ


こんな岸さんのおバカまとめがあるほどに、おバカなところまで愛されているんですね。

ファン推薦でリーダー(仮)?


キンプリの最年長メンバーで、リーダーの岸さんですが、実はリーダーに決まったのはファンからの推薦だった?

なんだかとっても不安そうに(仮)でリーダーになった岸さん。

アイドルグループのリーダーって、そういう感じで決まることあるんですか?なかなかビックリです。

でも、デビュー後1年、すっかりリーダーとしても認知されてきたのではないでしょうか。

スポンサーリンク



先輩からも愛されるおバカ


光一さんからのおバカ紹介も愛を感じます。


楽しそうに岸さんをいじる二宮さんが、共演番組でちょこちょこ見られます。

https://twitter.com/SXXpxfkGG9lzq66/status/1096525557850730496
出川さんのこの発言も暴言などとも言われていますが、すごく愛を感じるおバカいじりな気がします。


千鳥からも。夢にも出てくるほど愛されてる?

最後に

キンプリの天然キャラといえば平野紫耀さんが有名ですが、岸さんもこんなに楽しいおバカエピソードがいっぱいだったとは。

これからもっと注目したいキャラクターですね。