嵐の活動休止の報道に、嵐ファン、また、特にファンでもない一般の人にも衝撃がはしりました。テレビでは毎日どこかのチャンネルで嵐の活躍を目にしますし、CMでも常に好感度の高く老若男女問わず指示されている国民的アイドルグループです。その優等生グループの嵐が活動休止の発表をしました。『解散ではない』理由と『活動再開の可能性』をさぐってみました。

スポンサーリンク



嵐の『活動休止中』は皆どうなるの

大野智さんの「疲れたという事ではなくて。一回立ち止まって自分自身を見つめ直してみたいというのが大きいです」というコメントがとても印象的な会見がひらかれました。

嵐の活動休止の間、メンバーそれぞれはどうなってしまうのでしょうか?

現在も嵐としての活動のほかに、全員個人での芸能活動に忙しくされています。
もちろん所属はジャニーズのまま、嵐としてではなく個人での活動をされていきます。

活動休止までまだ2年近くあるので、『嵐』と名の付く5人で出演されているTV番組は一旦終了してしまうのでしょう。

リーダーの大野智さんは一旦芸能活動を休止されまさに『一回立ち止まり自分自身を見つめなおす』と発表されています。

多くのファンからは大野くんの夏休み!と活動休止に理解を示すコメントが多数あげられています

確かに、『活動休止』の記者会見で、こんなにもこれから先に希望を与えてくれるなんて、嵐の素晴らしいところですね。

日本が誇るスーパーアイドル!これでファンが増えた事間違いなしです。

スポンサーリンク



松本潤が『解散』ではない明言

『活動休止』会見にあたり、記者からの「解散ではないのですか?」との質問に松本潤さんが「解散ではありません」ときっぱり答えています。

会見での数多くの質疑応答には、メンバーがそれぞれ自分の言葉で答えています。
これは、長い時間メンバー全員で導き出した答え、理解納得した上での活動休止であることがはっきりとわかります。

「メンバーの不仲説」
「事務所とのいざこざ」

など全く感じられず、だれがどう答えても大丈夫なくらい、本人たち発信だった事がわかりますね。

スポンサーリンク



大野智『活動再開』も視野に入れている

一連の活動休止の報道を受けての、嵐からの記者会見の席で、以下のような質疑応答が行われていました。

記者→

大野さんが英気を養ったら、また、世界に嵐を巻き起こす姿が見られるのか

相葉雅紀さん→

「僕が“世界に嵐を巻き起こす”と言って始まった20年なんですけど、まだ巻き起こせていないと思っている。リーダーがまた同じ方向を向いた時には、そういう事で良いんですよね?」

大野智さん→

「巻き起こしちゃいますか」

記者→今は嵐の前の静けさ?

二宮和也さん→

「一生懸命考えてくれたんですね。ありがとうございます」

また、このようなやり取りもされていました。

記者→

大野さんが同じベクトルを向くまで休養。万が一向かなかった場合はどうなるのか

大野智さん→

「お休みさせていただいて、また5人で何かをやるという、具体的なことは決まってないんですけど。僕自身も4人も、一応、所属という形なので、個人的に勝手に思っているというか、やっぱりビジュアルだったり、体形だったりはキープしていこうと思っております。テレビに出なくなって、老け込んだりするのが怖いので、4人以上に気をつけて休もうって思います。5人で再開したときに1人だけ“なんだアイツ”ってなりたくないので」

このコメントからすると、まさに活動再開を視野に入れての活動休止と言っていいでしょう!

やっぱりビジュアルだったり、体形だったりはキープしていこう

4人以上に気をつけて休もうって思います

5人で再開したときに1人だけ“なんだアイツ”ってなりたくないので

何だか、今から活動再開が楽しみになってきました!!
これらのコメントを統合すると、活動再開を視野にいれたちょっとしてお休みなのではないでしょうか。

ファンでなくてもとても気がかりな事、リーダー大野智さんの『燃え尽き症候群』的に言われている件ですが
記者→

仕事への情熱がなくなったというわけではないのか

大野智さん→

「そうではないです。感謝の気持ちしかないので。ちょっと足を止めてもいいかなっていう決断です」

ちょっと足を止める事によって、最悪の事態の『解散』や『脱退』『引退』を免れたといってもいいでしょう。

スポンサーリンク



まとめ

とにかく人生の半分を『嵐』にささげてきたメンバー、一旦立ち止まり自分自身を見直してみることも大事だと思います。活動再開への期待がここまで膨らむ活動休止が出来るのは、嵐しかできないことでしょう!
活動休止までの大活躍にもさらに期待していきたいと思います!