引用:益田市観光協会ホームページより

8月18日に放送のテレビ朝日「人生の楽園」は島根県益田市小浜町で海辺暮らしを満喫されている武藤博道さん(68歳)と乃りさん(73歳)が主人公です。

ご夫婦のあこがれだった海辺暮らしをされている藤さん。海辺暮らしにはどのような人生の楽園があるのでしょうか。島根県益田市小浜町周辺の魅力的なスポットと一緒にご紹介します。

スポンサーリンク




小笠原諸島に負けない海の色

今回の舞台は島根県の西部に位置する、益田市小浜町です。ここで、ご夫婦のあこがれだった海辺暮らしを満喫されているのが武藤さんご夫妻です。武藤さんご夫妻は4年間小笠原諸島で暮らした経験があります。博道さんが東京都の職員として小笠原支庁に勤務されていたからです。これも、希望しての赴任だったそうです。


そして、益田市でみた小笠原にも負けない美しい海の色に一目惚れして、2013年に愛猫と一緒にご夫婦そろって移住されたそうです。


もともとが小笠原への希望赴任と言うことで、海がお好きだったようですが、そんな海がお好きで小笠原にも住まれたことがある武藤夫妻が選んだ益田市の海。よほどの美しさに違いありません。番組でもたっぷり放送されそうですね。

スポンサーリンク




美しい景色、人の温かさ

移住して5年がたちましたが、ご夫婦はますます充実して過ごされているようです。景色に惚れ込んで移住した地で、ご夫婦は出会った人々の温かさにも惚れ込んでいったといいます。心強い小浜町の先輩方が、ご夫婦での移住先での生活をますます豊かなものにしたようです。


博道さん手作りの海が見えるデッキや、潮風を感じながらの朝食など、美しい景色に囲まれて充実した毎日を過ごされている武藤さんご夫婦。博道さんは釣りなどを楽しみ、乃りさんは貝殻やシーグラスを使ってランプシェード作りを楽しんでいらっしゃるそうで、愛猫3匹と一緒に楽しく充実した暮らしをされているみたいですよ。放送では、どのような美しい景色や武藤さんを取り囲むすてきな方々が登場するでしょうか。とても楽しみですね。

島根県益田市小浜の絶景

島根県の西部の中心都市の1つで、日本海に面した場所にあります。浜田市、大田市と共に石見三田(いわみさんだ)と呼ばれている益田市。そんな益田市の絶景人気スポットをご紹介したいと思います。


まずは、武藤さんご夫妻が惚れ込まれた益田市小浜町の景色とはどのような景色なのでしょうか。人気の絶景ポイントやおすすめスポットを調べてみました。

小浜海岸

国道191号線沿いにある、日本海沿いの海岸です。澄んだエメラルド色の海が広がる絶景を見渡せます。小さな入り江になっていて、遠浅なので家族連れにもおすすめです。浜からは近くにある衣毘須神社を眺めることができます。


益田市小浜町113-5付近

海上の神社 衣毘須神社




小浜町には、「島根のモンサンミッシェル」「山陰のモンサンミッシェル」などと呼ばれている絶景スポットがあります。それが海上にある神社「衣毘須(えびす)神社」です。昭和を代表する日本絵画の巨匠である東山魁夷が、宮内庁から障壁画の依頼を受けた際にモデルの1つとしたのではないかといわれているようです。皇居の宮殿の波の間の壁画となっている「朝明けの潮」という作品です。(宮内庁ホームページでは「この壁画は,山口県の青海島の岩をモデルにしたといわれる東山魁夷作の「朝明けの潮」で,縦約3.8メートル,横約14.3メートルの大壁画です。」と記されています。)


衣毘須神社は天候や潮位の状態によって、たどり着けなくなることがある珍しい神社です。小浜海岸の先にある宮ヶ島にあり、潮がひいているときにだけ、島へ通じる砂浜が現れます。その砂浜が現れているときにだけ、歩いて島にたどり着いて衣毘須神社へお詣りすることができます。


満潮の時には海にぽっかりと浮かんでいるかのように見えます。その景色も美しいのですが、満潮時には宮ヶ島へ渡ることは出来ないので注意が必要です。
豊漁と海上安全の守護神である事代主命(ことしろぬしのみこと)を主祭神として、四柱を祀っている神社です。神社には珍しく瓦屋根にしゃちほこが飾られているそうです。


2016年に、益田市でMr. Childrenのライブツアー「虹」が開催されたのですが、その時には桜井さんが衣毘須神社へ詣ったらしいと地元で結構な噂になったようです。



島根県益田市小浜町宮ヶ島
https://twitter.com/chippy_yoshi/status/868398314290532352

スポンサーリンク




益田市の絶景

小浜地区に限らず、周辺の益田市の絶景ポイントも調べてみたのでご紹介したいと思います。

棚田100選の棚田「中垣内の棚田」

益田市の海の景色はもちろん絶景なのですが、海だけではなく、「日本の棚田100選」に選ばれている美しい棚田の風景もあります。それが「中垣内の棚田」です。益田市西部の中垣内の集落の谷間に沿って、石積みの棚田が広がっています。



益田市民のふる里の光景「大道山」

万葉集で柿本人麻呂に詠われた大道山おおどうやま(別名:打歌山うつたのやま、うつうたやま)も益田市にあります。大道山へ登ると美しい中垣内の棚田も一望できるそうです。
大道山山頂は益田市街を一望できますし、日本海や中国山地を見渡すことも出来る絶景スポットでもあります。頂上には東屋や展望台、トイレなどの設備も有ります

十数キロにもわたって続く砂浜 持石海岸

益田市で海岸を眺めるのに人気が高い場所が持石海岸です。十数キロにもわたって続く美しい砂浜があり、マリンレジャーも楽しめます。四季折々、どの時間帯でもそれぞれの美しい海と空が見られるのでドライブコースとしても人気です。
夏からの時期のイカ釣り漁船が出航する季節には、イカ釣り漁船の灯りが海に浮かぶ景色が幻想的です。
〒698-0041 島根県益田市高津町
https://twitter.com/mland_masuda/status/886078862911602689

最後に

益田市には美しい景色がたくさんあることがわかりました。ご夫婦で一目惚れした地に移り住んで、その一目惚れによってもっとすてきな出会いがあった武藤さんご夫婦。

お互いがそれぞれ移住先での生活を満喫されているようで、あこがれます。今回調べてみて、美しい益田市の景色は、なんだか癒やされて、穏やかな気持ちで過ごせそう棚と想いました。山陰のモンサンミッシェル「えびす神社」ぜひ訪れてみたいです。