ワンオクの楽曲は洋楽に間違われるほどの英語発音も人気の1つです。

海外活動も多いワンオクですが、taka(タカ)の英語が上手いわけとは何なのでしょうか。

takaの発音や英語が上手いわけの秘密について調べてみました。

スポンサーリンク




ワンオクtaka(タカ)の英語が上手い!


知らずにONE OK ROCKのを聴いたら、日本人が歌っているとは気づかないほどのレベルで発音がきれいなtakaさんの英語。

わたしの周りにも、海外の楽曲が好きで、好きな歌の発音だけ他の言語の発音でもすばらしく上手いという方が何人かいます。

でも、上の動画を見ていただければわかると思うのですが、英語でのインタビューにもネイティブのような自然な会話で英語で応えています。

日本国内だけではなく海外での人気も高いワンオク。

楽曲での英語だけではなく、インタビューにも英語で応じるなど、その英語力はネイティブのイングリッシュスピーカーにも評価されているレベルのようです。

ONE OK ROCKはもともと世界規模での活動を視野に入れ、海外での活動を盛んに行ってきました。すでにアメリカやヨーロッパなど、多くのワールドツアーも成功させています。

スポンサーリンク





h2>takaは帰国子女?留学経験は?

View this post on Instagram

Drinking with @tylercarter4l it’s been a while

A post shared by Taka (@10969taka) on

takaさんは帰国子女でも留学経験があるわけでもでもありません

日本で、英語が上手い人というと、帰国子女であったり、留学経験がある方が大半だと思います。

日本で暮らしてきて、ここまで流ちょうな英語を話す日本人なかなかいないように思います。

ご両親が大御所歌手なので、有名人のお子さんに多いパターンで留学でもされていたのかなと思っていたのですが、そういうわけではないのですね。

スポンサーリンク




h2>takaさんのご両親

View this post on Instagram

貴寛、お帰り!

A post shared by 森進一 (@morichan_desu) on

takaさんはネイティブのイングリッシュスピーカーでも違和感がないような発音だといわれるほど英語が上手なので、ハーフなのでは?と思う方もいるようです。

が、多くの方はもちろんご存じだと思うのですが、takaさんのご両親はお二方とも超有名歌手です。

お父様は森進一さん、お母様は森昌子さんです。

ということで、takaさんはハーフではなく日本人です。

ご両親のどちらかがイングリッシュスピーカーであるという話も聞いたことはありません。

スポンサーリンク




h2>takaさんの学生生活


帰国子女でもなく、留学もしていない、もちろんハーフでもないtakaさんの英語の基礎はどこで身についたのでしょうか。

それは学生生活に少し秘密があるようです。

takaさんは中学校時代、慶應義塾湘南藤沢中等部(SFC中等部)で学校生活を過ごされました。

SFCには帰国子女も多く、語学留学なども盛んな学校のようで、日本の学校ではあるのですが英語が日常生活に飛び交うような学校なのだそうです。

そんな環境が、takaさんの英語力の根底となったのかもしれません。

けれど、教科としての英語は苦手だったそうなので、学生生活で英語が身についたと考えるのはちょっと違う気もします。

もともとお父様が教育熱心な方で、その影響でtakaさんはSFCへ進学されたそうで、高校もSFCの高等部へ進んでいます。

でも、そのあとすぐには堀越高校へ転校しました。そして、結局1年生で高校を中退してしまっています。

 

スポンサーリンク




発音は洋楽から?


takaさんは、学校英語は得意ではなかったようなのですが、洋楽はとても好きでよく聞いていたそうです。

英語に多く触れていたからと言って、ネイティブのような発音が出来るのかというと正直出来ないと思うのですが、英語に触れる環境は十分にあったと考えられますね。

洋楽好きがみんな発音がきれいかといったら、それも、もちろんそうは言えないのですが、takaさんの場合は、それを習得する環境があった上で、才能、意欲、努力があったのだと思います。

それに、語学の習得には耳が良いことが大切といわれます。

英語能力を高めるには英語にたくさんふれて英語耳にしておくと良いなどとよくききます。

歌声もすばらしく、ご両親が歌手でもあるtakaさんの耳は、聴く能力がすばらしいのではないでしょうか。

スポンサーリンク




海外活動の中で生きた英語を習得


takaさんの英会話能力がぐんと成長したのは、実は海外活動を始めた後だったようです。

上にあげた映像はONE OK ROCKが海外での活動を本格的に始動した2015年11月のインタビュー映像です。

この映像を見ると、すでに発音はかなりきれいに感じますが、英会話能力としてはまだ不安そうですよね。

もともと海外での音楽活動を視野にいれていたONE OK ROCKは、まだ英語が得意ではない状態で思い切って世界に挑戦しています。

このことが、現在の英語力に大きな影響をあたえたようなのです。

イングリッシュスピーカーの中に飛び込んでいき、あえて絶対に英語を話さなくてはいけない状況に挑戦することで、自らも生きた英語を習得したということですね。

状況としては留学や帰国子女の方と同じ体験をしたことになります。

こちらは2016年3月のインタビュー映像なのですが、このときすでに2015年のインタビューの時とは印象が大分違います。

たった4ヶ月の違いなのですが、海外活動で英語能力や英語への自信が急成長したのかもしれません。

スポンサーリンク




英語のライティング能力

英語歌詞も多いONE OK ROCKの作詞のほどんどをtakaさんが手がけています。

インスタグラムの投稿でも、英語で投稿されていることも結構ありますよね。

学校英語が苦手で、留学経験や友達との会話の中で英語を学びましたという方って、生き生きとした英語を話していても、書くことはまた別でとても苦手という方も多いです。

でも、takaさんは、英会話能力や発音だけではなく、英語のライティング能力も合わせて英語が上手い!ということですね。

ネイティブスピーカーの評価は?


海外でも高い評価をうけているONE OK ROCK。ここまで、takaさんの英語力をみて、なみなみならぬ努力があったのだなと思いました。

多くの日本人の英語力から比べると実際すばらしい英語の上手さですよね。

ただ、もちろん完璧な英語を使っているというわけでは無いということも確かです。

そのままtakaさんの英語をマネして英語を覚えていくというのは少し注意が必要かなとも思います。

上のようなレビュー動画を作成されている方もいます。

この動画の場合は、レビューということで、あえてかなり細かいことまでつっこんでいるようです。

日本人が、みんな完璧な日本語を話すわけでは無いように、英語圏の方もそれぞれが話し方のクセを持っています。

特に普段の会話の中では、文法英語を完璧に使いこなす人の方が少ないですが、もちろんそれを理解した上で、上のような映像は勉強になるなと思います。

スポンサーリンク




最後に

takaさんは帰国子女でも留学経験があるわけでもありませんでした。

takaさんの英語の上手さの秘密は、身近に英語がある環境で育った中でネイティブの発音が習得され、あとは海外活動の中で英会話能力も劇的に向上したということのようです。

インタビュー映像などを見ていても、教科書で学ぶような文法英語などとは違って、周りのネイティブスピーカーの人たちが使う英語から学んだのかなと感じます。

帰国子女、留学経験、そしてtakaさんのような海外活動の中でというように、とにかく使って覚えていくというのが英語上達のポイントなのだと思います。