引用:「公式ホームページ


 「習志野駐屯地 夏祭り」の初日には2018年も花火が打上げられます。この花火、子連れでも行きやすい穴場花火としても人気です。2018年の習志野駐屯地夏祭りについて、花火情報を中心に穴場についても調べてみました。


スポンサーリンク




花火は8月4日(土)




2018年習志野駐屯地の夏まつり行事は、8月4日の土曜日8月5日の日曜日の開催です。この初日にあたる4日には花火が上がります。お祭りは13時からはじまりますが、花火が上がるのは20時10分から約20分間の予定です。


花火の打上がる時間は20分間と長くは無いのですが、お祭り自体がとてもユニークということで人気があるんです。駐屯地でのお祭りということで、普段は入ることが出来ない敷地の中に入れるだけでも貴重な体験ですよね。他の花火大会や夏祭りでは味わえない体験もいろいろ出来ます。





お祭りを取り仕切っているのはもちろん自衛隊の方々。売店なども、自衛隊員さんが出店されているので、呼び込みなどにとても活気があります。お値段も良心的です。


子供広場、お化け屋敷や体験試乗など様々なブースがあります。習志野駐屯地といえば、日本で唯一のパラシュート部隊である第一空挺団!パラシュート装着体験も出来ますし、空挺館では自衛隊員さんから解説を聞くこともできます。体育会系の楽しい雰囲気が、学園祭のようだと感じる方も多いです。過去には彼女募集中の独身自衛隊員が、目印のリストバンドをつけて恋活イベントをしていたとか。全力で来場者を楽しませようとしてくれている!と感じられるお祭りです。



スポンサーリンク




花火はぜひ駐屯地の中で!穴場は市内あちこちに?

大きな花火大会のように、何時間も前から人の波で動きがとれない!というほど混雑する花火大会ではありません。このお祭りでは、穴場を探しまわるよりも、思い切って駐屯地の敷地内に入ってしまうことをおすすめします。間近で迫力のある花火と、臨場感のある大きな音を楽しめますよ。


それでも、やっぱり会場外で穴場を探したいという方は、船橋市内や習志野市内の、駐屯地の周りで探しましょう。周囲に高い建物が無く、開けている場所なら十分に楽しめます。


会場内では18時頃になると、徐々に花火の場所取りがはじまります。レジャーシートを芝生の上に敷いて場所取りする方が多いです。立ち見でも良いという方は、打上直前になって駐屯地内に来場する方もいます。


ただ、空挺団の降下訓練用の鉄塔が結構高いです。周辺に背の高い木も立っています。それらに遮られない場所を求めるなら、やはり少し早めの場所取りをおすすめします。




スポンサーリンク




子連れにもおすすめ

このお祭り、家族連れや友達同士、デートの恋人同士など様々な方が訪れます。でも、特におすすめしたいのは、大きな花火大会は不安で行けないというような、小さいお子様連れの方です。


まず入門前に入場者のチェックがあります。変な人はしっかり現役自衛隊員の目でチェックしてくれると思うと安心ですよね。遊べる場所としては、子供広場に子供用遊具が設置されていたり、アスレチックができたりします。乳児連れで一番気になる、授乳室オムツ交換所も例年しっかり設置されます。救護室も用意されているので、もしものときにも安心ですね。


2017年のおまつりは、二日間で約8万人の方が来場しました。賑わってはいますが、歩けない、進めないというほどの混雑はありません。花火の場所取りをする場合も、2時間前から始めればよいということは、比較的待ち時間が短くてすみます。
場所取りする場所もきれいな芝生が敷き詰められたグラウンドなので子供も喜びそうですね。


打上時間も約20分と、物足りないという声も聞こえますが、小さい子を連れていると長すぎて飽きてしまうのも心配ですよね。まずは、はじめての花火体験にはちょうど良い時間かもしれません。自家用車で行きたいという方は、演習場駐車場も用意されます。ただ、台数には限りがあるのでご注意ください。

まとめ

2018年8月4日、5日の二日間開催される「習志野駐屯地 夏祭り」。その初日4日の20時10分から花火が打上がる予定です。比較的、場所取りなども難しくないようで、子連れにも優しい花火といえそうです。


例年、大きな花火大会のような混雑になることは無いようなので、ぜひ駐屯地の敷地の中で、迫力の花火を楽しまれることをおすすめしますが、敷地の外でも、周辺が開けている場所では十分に楽しめる花火です。


お祭り自体も、ユニークな催しや元気でかっこいい自衛隊員さんたちが楽しませてくれるととても人気があります。花火終了とともに売店なども終了していくので、お祭りも楽しみたい方は早めの時間に行くことをおすすめします。


スポンサーリンク