全米オープンで優勝を果たし、日本勢として初の4大大会シングルス制覇という快挙を遂げた大坂なおみ選手。現在、東京都立川市で行われている東レ・パンパシフィックOPでも勝ち進み日本中で大阪なおみフィーバーが起こっています。

そんな大阪なおみ選手が試合でつけている時計が話題です。どこのブランドの時計なのかというと、シチズンのスマートウォッチなんです。今回は、全米オープンテニス2018の試合中に大阪なおみ選手が着用していたシチズンの時計について、スマートウォッチの機能などについて調べてみたのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



着用モデルはユニセックスモデルの新作エコドライブ


大阪なおみ選手が全米オープンテニス2018の試合中に着用していたことで注目されている時計があります。「エコ・ドライブ Bluetooth 」という時計です。日本を代表する腕時計ブランドのシチズンから発売されているのですが、このモデルの発売日は9月14日でした。つまり、大坂選手が着用していた頃には、まだ未発売だったことになります。

スポンサーリンク



エコ・ドライブ Bluetooth 詳細情報

実際に大坂なおみ選手が試合中に着用していたといわれているモデルは2018年9月14日に発売されたエコ・ドライブ BluetoothのBZ4006-01Eというモデルです。この時計はユニセックスモデルで、カラーバリエーションは3色展開されています。BZ4004-57Eはバンド部分がウレタンではなく、スーパーチタニウムの三ツ折れプッシュ中留ブレスレットタイプになっています。


このエコ・ドライブBluetoothは、Bluetoothでスマートフォンと連携することができるエコドライブなんです。針の文字盤のアナログ時計なのに、高機能です。光発電エコ・ドライブ機能はもちろんですが、電話やメール、SNSへのメッセージの着信などを時計の針と音で知らせてくれたり、日時の同期機能、時刻を3つまで設定することが出来るアラーム機能、スマートフォンサーチ機能充電量表示機能フライトモード機能などさまざまな機能を備えています。


公式サイトで発表されている定価は税別80000円の時計ですが、すでにオンラインストアなどでは2万円ほど安く売られているところもあるようです。


ケースはスーパーチタニウム、バンドはウレタンで、ガラスは無反射コーティングのサファイアガラスが使われています。大坂なおみ選手が着用していたモデルBZ4006-01Eの文字盤はブラックです。このモデルと同じユニセックスモデルが3バリエーションと、デザインが大きく違うレディースモデルも3バリエーション同日発売されました。

公式アプリでスマートフォンと連動

シチズンオリジナル公式アプリ「Eco-Drive Bluetooth S」をスマートフォンへインストールして腕時計とスマートフォンを連動させることができます。


自動時刻修正や着信通知など、腕時計をより便利に活用することができます。このアプリからは、発電量などを確認することも出来るようです。

スポンサーリンク



レディースモデルは?

大坂なおみ選手が全米オープンで着用していたエコ・ドライブ Bluetoothのモデルはユニセックスモデルでしたが、レディースモデルもご紹介したいと思います。

レディースモデルもBluetooth機能掲載で、シチズン公式アプリをインストールすると、スマートフォンと連動させることができます。


デザインはユニセックスモデルとは全く違うデザインです。ケースはステンレスで、バンドには撥水加工が施されたカーフ、ガラスはクリスタルガラスです。カラーバリエーションは3色展開されていますが、文字盤はすべてホワイトです。


こちらの価格はユニセックスモデルより少し安くなっていて、公式サイトに掲載されている定価は税別50000円です。こちらもAmazonなどのオンラインストアではすでに1万円以上安い価格で販売されているところもあります。

購入方法は?


オンライン上ではAmazonやヨドバシ.com、ビックカメラ.comなどのオンラインショップですでに定価より大分安い値段で販売されています。さらにポイントなどの還元もあるので、気になっている方はご検討ください。


時計を非正規販売店で購入するのはちょっとと言う方は楽天などオンライン上にも正規販売店があります。


時計をインターネット通販で購入するということに抵抗があるという方は正規販売店の店舗でのご購入をおすすめします。ロフトなどでも販売されていたそうなのですが、現在、かなりの人気で入荷に時間がかかるショップも多いようです。

スポンサーリンク



なぜ発売前に着用?


大坂なおみ選手は2018年8月からシチズン時計のブランドアンバサダーを務めています。ブランドアンバサダーだからこそ全米オープンの試合に、発売前のモデルを着用していたのだとそれだけでも納得なのですが、実はブランドアンバサダー就任以前に、もともと大坂選手はシチズンの時計を愛用していたそうです。


大坂選手がシチズンのブランドアンバサダー就任の会見の時におっしゃっていたそうなのですが、大坂選手が15歳の時も国際大会で決勝へ進出を果たした際、シチズンの時計をお母様に買ってもらったというエピソードがあるそうなのです。

その頃から着用していて、今回ブランドアンバサダー就任後にグランドスラム優勝となると、何かご縁があるという感じがしますね。

エコドライブとは

いまさらながら、エコ・ドライブとは具体的にどのような機能なのだろうかと調べてみたので、ご紹介します。

エコドライブとは、光を受けることで内蔵されたソーラーセルが発電して、時計を動かしてくれる発電技術です。電池交換をするのがあたりまえだった腕時計ですが、この発電技術によって定期的な電池交換は不要になったんです。


屋外の太陽光だけではなく、部屋の中の蛍光灯や、デスクライトなど、わずかな光でも腕時計を駆動できるそうで、屋内で過ごす時間が長いという方でも安心して使うことが出来ますね。


時計がすでにフル充電の状態にあれば、暗闇に半年以上もの時間いても駆動することが可能なモデルもあるそうです。日本では1996年に腕時計としてはじめてエコマーク商品に認定されたそうです。

スポンサーリンク



最後に

今回は全米オープン2018で優勝を果たし、現在も東レ パンパシフィックOPでも活躍し日本中を盛り上げてくれている大坂なおみ選手が着用していたエコ・ドライブBluetoothについて紹介しました。

わたしの周りには腕時計の文字盤はアナログがいいというこだわりのある人が結構多いのですが、アナログ文字盤の腕時計もここまで高機能になっているのですね。

海外高級ブランドの時計もすてきですが、世界に誇れる日本の時計ブランドシチズンの時計もこれからますます大注目です。