引用元:Instagram

東京といえば、日本全国の美味しいお店が集結しているイメージがありませんか?

今回は東京のイチゴ大福人気店を調べてみました。東京の老舗のお店から新規出店したお店まで、どんなイチゴ大福が出てくるか楽しみですね。

スポンサーリンク




翠江堂

引用元:Instagram

翠江堂では「とちおとめ」を使用したイチゴ大福が販売されています。東京でイチゴ大福といえば「翠江堂」というぐらい人気なお店とのことで、どんな味のイチゴ大福なのかとても気になりますね。

イチゴ大福に使用されている餡は、いちごの味に合うように特別に炊き上げられたものということで、イチゴ大福へのこだわりを強く感じますね。

いちごを包んでいるお餅も薄いので、いちごそのものの味を楽しむことができるイチゴ大福となっているんですよ。

予約も承っているようなので、事前に電話予約をしておくと安心です。

罰ゲーム用にわさび入りも用意できるという遊び心を持ち合わせた和菓子屋さんです。

本店住所:東京都中央区新川2-17-13


スポンサーリンク




竹隆庵 岡埜

引用元:Instagram

竹隆庵岡埜で販売されているイチゴ大福も絶品でおすすめですよ。

冬季限定で販売されるイチゴ大福には、いちごを白あんとピンクのお餅で包んでいる可愛らしい見た目になります。

店舗は東京都内に数店あり、店舗ごとに限定商品があるので、イチゴ大福以外にも店舗限定商品や、こごめ大福も一度食べてみたくなりますね。

本店住所:東京都台東区根岸4-7-2


スポンサーリンク




江戸うさぎ

引用元:Instagram

日暮里駅から徒歩3分という距離にある「江戸うさぎ」では、ちょこっと変わったイチゴ大福が販売されています。

蛇のような見た目の「妖怪★いちご大福」は食べるのがもったいないぐらいの可愛さです。

オンラインショップでも購入可能なので、変わり種のお土産として江戸うさぎの「妖怪★いちご大福」はいかがですか?

住所:東京都荒川区西日暮里2-14-11


スポンサーリンク




茂助だんご

茂助だんごでは期間限定でイチゴ大福が販売されています。

引用元:Instagram

つぶあんを使用した定番のイチゴ大福はもちろん、桜餅にいちごを乗せた可愛らしいいちご桜餅も販売されていますよ。

いちご桜餅はひなまつりにお子さんと一緒に食べると、会話が弾みそうですね。

茂助だんごのイチゴ大福は、いちごをお餅で包むタイプのものではなく、いちごがあんこがたっぷり入った大福の上に乗っているタイプのものになるので、いちごと大福どちらもしっかり楽しみたい方におすすめですね。

本店住所:東京都江東区豊洲6丁目6−1

茂助だんごは取扱店舗が多いのですが、店舗によって取扱商品が異なるので、事前に確認ができると安心ですね。

スポンサーリンク




果匠 正庵

引用元:Instagram

こちらのイチゴ大福は、いちごを2粒使用した双子いちごの大福を販売されています。

1つのイチゴ大福でいちごを存分に楽しむことができるなんて、イチゴ大福好きにはたまらないですね。

ただ、イチゴ大福自体も少し小振りのため、使用しているいちごも小振りなもののようなので、大粒いちごが入ったイチゴ大福が好きという方はがっかりしてしまうかもしれません。

いちごを包んでいるお餅は薄めなので、いちごや餡の味をしっかり楽しみたいという方にはおすすめのイチゴ大福ですね。

小振りながらも、いちごが2つも入ったイチゴ大福は珍しいので、手土産で持っていくと喜ばれるかもしれませんよ。

住所:東京都渋谷区広尾1丁目9−20


スポンサーリンク




最後に

東京のイチゴ大福人気店について紹介しましたが、いかがでしたか?

東京でも老舗のイチゴ大福が人気のようですね。今回紹介したお店以外にも東京にはたくさんのイチゴ大福人気店があるので、お仕事や旅行で東京に立ち寄ったときには、お土産にイチゴ大福なんていかがでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。