ブルボンヌ、お店、マツコ

「俺スカ」で注目の女装家、ブルボンヌさん。

ブルボンヌさんは、お店のプロデュースもされているそうなので、どのようなお店なのか、どこにあるのか調べてみました。

ブルボンヌさんはマツコさんが仕事の後輩だったという噂も。

マツコさんとブルボンヌさんの関係についても調べてみました。

スポンサーリンク



ブルボンヌさんプロデュース

https://twitter.com/mrcsb97/status/705753659947089920
ブルボンヌさんは、女装パフォーマー集団「Campy!ガールズ」のメンバーとしても活動しながら、各地でクラブイベントをプロデュースしているそうです。

 

そして、そんなブルボンヌさんがプロデュースしたお店が新宿2丁目にあります

2013年にオープンした「Campy!bar」というお店と、2017年にオープンした「Campy!bar ASOBi」というお店の2店舗あるようです。

どちらもミックスバーという紹介がされていて、女装ウェイトレスを中心としたLGBTのスタッフさんたちと一緒に盛り上がれるお店のようです。

お店の方には、ブルボンヌさんも出勤されることがあるそうです。

男装の「やすき」として出勤されていることもあるようですよ。

それでは、それぞれのお店の場所などについても詳しくご紹介したいと思います。

「Campy!bar」


2013年1月にオープンした「Campy!bar」。

新宿二丁目仲通りにある路面店ショットバーです。

Campy!barの場所は東京都新宿区新宿2-13-10武蔵野ビルの1階です。

東京メトロ「新宿三丁目駅」から300mないので徒歩で3分~5分で着く距離です。

新宿駅からも700mということなので、徒歩10分くらいでしょうか。

住所は〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-10 武蔵野ビル1F

電話番号は03-6273-2154です。

オープンしている時間は平日カフェタイムが15時から20時。バータイムが20時からラストまで。日曜日は15時から23時までです。

「Campy!bar ASOBi」

2017年7月7日にオープンした、地下1階にあるカラオケスナックです。


場所は新宿二丁目10-7 TOMビルのB1階にあります。

ソファ席のカラオケ店のようです。電話番号は03-3354-6066です。

スポンサーリンク



Campy!bar 公式サイト

Campy!barには公式サイト(http://www.campy.jp/campy_bar.html)や公式ツイッターアカウントがあります。

ここでは、Campy!barでスタッフとして働くウェイトレスの方のプロフィールも詳しく紹介されています。

写真も多く、とてもカラフルでかわいい情報満載のサイトです。

お店には、同じウェイトレスさんが毎日いるわけではないようです。

もし、お目当ての方がいて遊びに行きたいとお考えの場合には、サイトなどでチェックしてから行ったほうがよさそうですね。

スポンサーリンク



マツコは会社の後輩?


ブルボンヌさんが会社員としてお勤めされていた時代に、実は同じ会社に、後輩としてマツコ・デラックスさんが勤めていらっしゃったそうです。

以前、ブルボンヌさんが、日本テレビ系「ダウンタウンDX」にご出演されたときに発覚したそうです。

ブルボンヌさんは、ゲイ雑誌「Badi」の編集に10年ほど携わっていたそうです。

この雑誌編集の後輩編集者として、マツコ・デラックスさんがいたのだそうです。

その後も、お二人の友人付き合いは続いているようで、マツコさんがブルボンヌさんについてテレビ番組内でお話したこともあるそうです。

スポンサーリンク



ブルボンヌさんとは?

2019年4月から始まるドラマ「俺のスカート、どこいった?」で女装キャラクターの監修を務めるブルボンヌさん。

ご自身も女装パフォーマーとして、女装姿、男装姿両方を公開して活動しているブルボンヌさんについてご紹介します。

ブルボンヌさんプロフィール


ブルボンヌさんの本名は斎藤 靖紀 (さいとう やすき)さんといいます。

血液型はA型で、1971年11月1日生まれの岐阜県出身だそうです。身長は171cm。

テレビへ出演されるときなどはブルボンヌと名乗っていますが、編集者としてや、お店に男装で登場するときなどは本名の斎藤靖紀、やすきという名義を名乗っていらっしゃるようです。

ブルボンヌさんの経歴


おねえタレントさんとしての印象が強いブルボンヌさんですが、とても多才な方です。

女装パフォーマーとして活躍しているだけでなく、ライターエッセイスト編集者としてなどの活動もしています。

実は早稲田大学第1文学部へ通われていた程の学力をお持ちだそうですが、卒業はせずに中退されています。

1990年にゲイのパソコン通信ネットワーク「UC-GALOP」を企画、設立しました。

1994年には、ドラァグクイーン集団「アッパーキャンプ」を結成しました。

「アッパーキャンプ」結成後は、日本各地のイベントへ参加していたそうです。

ゲイマガジン「Badi」(バディ)の編集や、その他の女性誌、映画雑誌、週刊誌などへのライター、エッセイストとしての連載や寄稿などで活動してきたブルボンヌさん。

そして、現在はお店をプロデュースするなど、実業家としても活躍されています。

テレビやラジオでバラエティ番組や情報番組でのコメンテーターなど幅広く活動されています。テレビとラジオ両方でレギュラー出演している番組もあります。

スポンサーリンク



最後に

ブルボンヌさんがプロデュースしたといわれるお店は新宿2丁目に2店舗ありました。

おねえタレントさんなのだと思っていたら、実業家としての才能もある方だったのですね。

今回のドラマの監修もそうですが、すごく多才なのですね。

店舗には、ご本人が出勤されていることもあるようです。

お話を聞きたい方はツイッターなどで出勤される日を確認してからお出かけになるといいかもしれません。

ブルボンヌさんとマツコさんは、以前勤めていらっしゃった会社での先輩後輩でした。

新宿2丁目で行われるイベントなどで、マツコさんが司会で登場することもあるらしいので、今でも友人付き合いが続いていそうですね。