引用:宮地嶽神社ホームページより

嵐のCMに登場し全国的に有名となった絶景、宮地嶽神社の「光の道」。

年に2回の限られた「光の道」の見頃の期間に行われる夕陽のまつりについて日程など詳しく調べてみました。

嵐のCM放送以降ますます全国的に有名となった「光の道」へのアクセス方法と駐車場情報なども一緒にご紹介します。

スポンサーリンク



嵐CMで話題となった光の道


光の道を全国的に有名にしたのは、2016年に放送されたJALのコマーシャルシリーズで、嵐が出演していたJAL先得「旅の出会い 光の道」篇です。

このコマーシャルで一躍全国的に注目の絶景となった光の道は福岡県福津市にある宮地嶽神社で見ることが出来ます。




宮地嶽神社は歴史も深く、毎年たくさんの参拝客が訪れる神社です。

主に開運商売繁盛に御利益があるといわれています。

もともと有名な神社ではあるのですが、このCMによってますます知名度が上がりました。

得に、CM放送後からは全国の嵐ファンや多数訪れるようになったそうです。

スポンサーリンク



光の道の見頃は「夕陽まつり」


宮地嶽神社で見ることが出来る「光の道」ですが、太陽と相之島と宮地嶽神社の参道や一直線の光の道で繋がる最も美しい景色を見ることが出来るのは2月と10月の限られた時間だけのようです。

その期間に宮地嶽神社では「夕陽のまつり」というイベントが開催されます。

スポンサーリンク



2019年夕陽の祭り日程


毎年2月と10月に行われる夕陽のまつり。2019年も開催されます。

現在、2019年の第一回となる2月の夕陽のまつりの日程が発表になっていて、2019年2月19日から3月3日まで開催されます。

10月の日程についてはまだ発表になっていないようです。

スポンサーリンク



宮地嶽神社へのアクセス方法


福岡県福津市宮司元町7-1


宮地嶽神社へ自家用車やバイクで行く場合には福岡市方面から九州自動車道古賀ICで下りるか、北九州市方面から九州自動車道若宮ICで下ります。一般道の場合は、福岡市天神から国道3号線を50分ほど走ります。北九州市小倉からの場合、国道3号線を70分ほどかかります。

スポンサーリンク



宮地嶽神社の駐車場情報


宮地嶽神社には約900台ほどの駐車スペースがあります。

夕陽のまつり開催期間にも第1駐車場と第2駐車場は無料で開放されます。

大規模な駐車場ですが、夕陽のまつりはかなり人気のイベントです。

混雑することを覚悟して時間に余裕を持って出かけられることをおすすめします。


また、車を出す時間は、日没後に集中してしまいます。

行きだけではなく、帰りの時間にも余裕をもって行動されると良いと思います。

また、夕陽のまつり開催期間中には交通規制があり、境内への車両の乗り入れは禁止されます。

スポンサーリンク



観賞エリアや特別席について


夕陽のまつり開催期間中は15時から参道の階段が封鎖されます。

そして、この参道の階段が一般観覧席となります。

この一般観覧席からは無料で観覧することが出来ますが先着順となります。

一般観覧席からの観覧は当日の14時から席の用紙番号である整理券が配布されます。

光の道を見ることが出来る時間ばかり考えていると整理券配布が終わってしまう可能性もあるので、なるべく早めに到着しておくことをおすすめします。


一般観覧席の他に、祈願特別席も設けられます。

予約が必要な祈願特別席は有料で、5000円となります。祈願特別席は150席限定なので、当日になると購入出来ない可能性が高いです。

事前に電話で予約をしておくと安心です。

予約を検討されている方は宮地嶽神社(0940-52-0016)へ電話で問い合わせることが出来ます。

さまざまなイベントも


2018年は10月13日の土曜日から10月28日の日曜日までの期間が夕陽のまつりが開催されました。

またこの期間、光の道ウィークと題して福津市でさまざまなイベントが行われました。

昨年の10月の夕陽のまつりの期間中には竜王戦が行われました。

光の道が美しく見える見頃のシーズンということはもちろんですが、期間中行われるさまざまなイベントで福津市内全体が盛り上がっているようなので、チェックしてみると楽しさアップだと思います。

スポンサーリンク



夕陽のまつりの注意

夕陽のまつり期間中には交通規制があり、境内へ車両を乗り入れることは出来なくなります。

また、参道の階段は一般観覧席確保のために15時に封鎖されますのでご注意ください。


絶景を写真に納めたいという方も多いと思いますが、写真撮影にもいくつか注意店があるようです。

まず、ドローンの使用は禁止されています。

脚立や三脚の使用も禁止されています。


光の道は、天気にも左右されますし、もともと見ることができるのが2月と10月のそれぞれ一週間ちょっとの期間ととても限られています。

美しい景色を見るために集まった参拝客同士、すばらしい観賞時間を過ごせるように気を配りたいですね。

光の道だけじゃない宮地嶽神社


宮地嶽神社には光の道だけではなく他にも有名な物があります。

それは3つの日本一です。

大注連縄

直径2.6メートル、長さ11メートル、重さ3トンの日本一の大注連縄

毎年掛け替えられるそうなのですが、掛け替えまでにはのべ1500人もの人たちの力が合わせられているそうです。

大太鼓

直径2.2メートルの日本一の大太鼓

檜を原木とし、音の響きを大切に作られた太鼓。例年1月1日午前0時に打ち鳴らされる。

大鈴

重さは450kgもある銅製の大鈴

昭和35年までは大注連縄と共に拝殿に飾られていて、参拝の際に拝むことができたそうなのですが、あまりの重量の為にいまは鈴堂に大太鼓と共に奉安されています。

スポンサーリンク



嵐の記念植樹

https://twitter.com/kazu0170/status/1092103999128449026

宮地嶽神社にはCM撮影で嵐の5人が宮地嶽神社を訪れたことを記念して植えられた5種類のさくらの木があります。

もとは嵐が参拝したことを記念して植樹されたという立て札が設置されていたようです。

その後、何度か立て札に書かれている内容は変更されているようですが、桜の木は5本とも元気に花を咲かせているようで、こちらもファンが多く訪れる場所となっています。

スポンサーリンク



最後に

嵐のCMを見ると確かに一度は行って見てみたい気持ちになる美しい景色です。

自然のものなので天気にも左右されてしまいますが、だからこそ見ることが出来たときに感じる感情は特別なものになりそうです。

かなり人気でたくさんの参拝客のかたが訪れるようですが、整理券配布などの対策もされているようなので、安心して出かけることができそうです。